奈良県 黒滝村

奈良県くろたきむら黒滝村

黒滝村はその面積の約97%を林野が占める「森林(もり)の村」です。奈良県のほぼ中央に位置し、「奈良のへそ」と呼ばれています。古来より豊かな自然と清らかな水が良質の木材を産出し、吉野杉をはじめとする林業の村として栄えてきました。近年は少子高齢化が進み、過疎化の一途をたどっていますが、源流の村として、今ある自然を守っていこうという気運が高まってきています。修験道の聖地としても知られ、役行者が開山した鳳閣寺には国の重要文化財に指定されている石の廟塔があり、世界遺産大峯奥駈道が村の一部を通っています。平成28年には日本遺産にも登録され、山岳信仰を伝えるスポットや林業振興を支えた樽丸製作技術など、歴史遺産も豊富であり、自然の恵みから生まれた特産品が数々あります。

ふるさと納税の使い道

  • 主な活用内容

    暮らしに関する事業

    産業に関する事業

    教育文化に関する事業

    指定なし

  • ふるさと納税についてのお問い合わせ

    奈良県黒滝村 企画政策課 山部直華

    0747-62-2031

    kuro_ks@vill.kurotaki.lg.jp
    (担当 山部直華)

「地域」から探す

北海道
北海道
東北地方
青森県 岩手県 福島県
関東地方
茨城県 千葉県
近畿地方
奈良県
中国地方
鳥取県 島根県
九州地方
福岡県 佐賀県